個人住民税 | 税 | 暮らしの情報 | 北海道 真狩村 logo-horizontal logo-vertical

個人住民税

 村民税は、村の仕事に必要な費用を、地域社会の構成員である村民のみなさんに負担していただくもので、個人に課税される個人の村民税、法人に課税される法人の村民税があります。
個人の村民税は、個人の道民税と合わせて住民税と呼ばれ、村で賦課徴収します。

村民税のかかる人

その年の1月1日現在、真狩村に住所のある人

村民税のかからない人

均等割も所得割もかからない人・生活保護法によって生活扶助を受けている人
・障害者、未成年者、寡婦または寡夫で前年中の合計所得金額が125万円以下であった人
・均等割がかからない人
前年中の合計所得が、次による金額以下の人・扶養親族のない者:28万円
・扶養親族のある者:28万円×(1+扶養親族数)+168,000円
所得割がかからない人前年中の合計所得が、次による金額以下の者
・扶養親族のない者:35万円
・扶養親族のある者:35万円×(1+扶養親族数)+320,000円

均等割

  • 村民税3,500円
  • 道民税1,500円
合計5,000円です。

所得割

「課税標準額×税率-調整控除-税額控除」=所得割となります。
課税標準額「所得金額-所得控除額」=課税標準額です。
所得控除額配偶者控除、社会保険料控除などがあります。
税率村民税6%、道民税4%、合計10%です。(ただし譲渡所得などの分離課税所得分を除きます。)
調整控除所得税から住民税への税源移譲に伴う負担調整額です。
税額控除住宅ローン控除などがあります。

納める方法

村道民税の納税方法には、普通徴収と特別徴収があります。

普通徴収

 村から6月中旬に送付される納税通知書により、村指定の金融機関等に個人で直接納めていただきます。(口座振替も可能です)

特別徴収

給与からの特別徴収

 給与の支払者(会社など)が、村からの通知に基づいて、6月から翌年5月までの毎月の給与支払いの際に給与から税額を差し引き、これをまとめて村指定の金融機関等に納めます。

公的年金からの特別徴収(平成21年10月から)

 年金の支払いをする年金保険者(日本年金機構など)が個人住民税を公的年金から引き落とし、直接、市区町村に納める仕組みです。

年金特別徴収

 年金を受給される方の道村民税は、厚生労働大臣などの公的年金等の支払者が納税者に支給される公的年金等から道村民税を引き落とし、納税者に代わって直接、村へ納入する制度です。

次の1~5に該当する方が天引き対象となります。要件に該当しない方は、普通徴収(口座振替または村窓口・指定金融機関で直接納付)となります。
  1. 前年中に公的年金等の支払いを受けていること。
  2. 特別徴収の対象となる年金の金額が18万円以上であること。
  3. 当該年度の4月1日現在において65歳以上であること。
  4. 介護保険料が年金から天引きされていること。
  5. 個人住民税の納税義務があること。

事業主のみなさまへ

詳細につきましては下記の資料をご覧ください。

このページの情報に関するお問い合わせ先

真狩村役場 税務課TEL:0136-45-3611FAX:0136-45-3162