家電ごみ等 | ごみ | 暮らしの情報 | 北海道 真狩村 logo-horizontal logo-vertical

家電ごみ等

処理できないごみ

家電リサイクル4品

 家電リサイクル法により、テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ式)、冷蔵庫(冷凍庫含む)、洗濯機(衣類乾燥機含む)、エアコンの4品目は、ごみとして出すことが出来ません。
 買い替えをする場合は、新たに購入するお店に引取りを依頼してください。
 買い替えでない場合、処分する家電品を購入したお店に引取りを依頼してください。(リサイクル料金等はお店に確認してください。)
 なお、購入したお店が廃業または遠方等により、引取りの依頼が困難な場合は、真狩村内では「藤川電気商会」(電話45-2423)に持ち込めば引き受けをしてくれますので、料金や持込み方法等を事前にお問い合わせしてください。

家庭系パソコン

 資源有効利用促進法により、パソコンについても、ごみとして出すことが出来ません。パソコンメーカーまたは販売店に引き取ってもらうことになります。ただし、機器によっては、対象外になり、ごみとして出すことができる物もありますので、下の表でご確認ください。

対象機器(ごみとして出すことができない物)

  • ディスプレー(モニター)
  • ディスクトップ本体
  • ノートパソコン
  • パソコンと一体で購入したキーボード
  • マウス、ケーブルなどの付属品

注:対象機器は、購入時期によってリサイクル料金を負担するものもありますのでパソコンメーカーまたは販売店にご相談ください。

対象外機器(ごみとして出すことができる物)

  • プリンター
  • スキャナー
  • MOドライブ
  • ワープロ専用機
  • 単独で購入したキーボード

タイヤ(ホイール付き含む)、バッテリー

 ガソリンスタンドや販売店に処理を依頼してください。

消火器

 購入した販売店または消防署に相談してください。

農業用廃プラスチック

 ビニールハウス、マルチ、トンネル、フィルム、肥料袋などは、農業用廃プラスチック回収事業のときに出してください。

それ以外にも、農機具類、機械モーター、農薬、灯油タンク(大型)、廃油、自動車部品など収集できないごみがあります。
詳しくは下記のごみの品目別分別一覧表をご覧ください。

このページの情報に関するお問い合わせ先

真狩村役場 住民課 環境衛生係TEL:0136-45-3612FAX:0136-45-3162