真狩樹木園 | 遊ぶ・体験 | 観光・イベント | 北海道 真狩村 logo-horizontal logo-vertical

真狩樹木園

 支笏洞爺国立公園内にあり、昭和31年に地域住民の「憩いの森」などとして作られました。
羊蹄山麓の原生林の一角で、冷清水を湧出する扇状地に、外国樹種や道内外の樹種約80種を植栽した見本林と天然林とが一体となった森です(ミズナラ、ハリギリ、シナノキ、オヒョウ、エゾイタヤ、カンバ類、トドマツ、アカエゾマツなど)。
 エゾリス、シマリス、キタキツネ、クマゲラなどが生息しており、エゾリスが食べ残した「穴のあいたクルミ」「エビフライのような松ぼっくり」なども観察できます。
春には、エゾエンゴサク、エンレイソウ、マイヅルソウなど多くの草花が咲き乱れ、5月中旬にはエゾヤマザクラが満開になります。
 秋には、カツラ並木が黄葉し、秋の風景を楽しむことができます。
園内には、湧水を貯めた池、芝生の広場、遊歩道、駐車場などがあります。
施設名称真狩樹木園
所在地真狩村字社271
開放期間5月中旬~11月下旬
面積32.48ha(うち見本林7.2ha、天然林25.28ha)
標高250m
電話番号なし
AED設置なし

地図

このページの情報に関するお問い合わせ先

真狩村役場 総務企画課 商工観光係TEL:0136-45-3613FAX:0136-45-3162