桂並木 | 遊ぶ・体験 | 観光・イベント | 北海道 真狩村 logo-horizontal logo-vertical

桂並木

 真狩樹木園の入り口に植えられた桂並木は、春から夏にかけては淡い緑色、秋には黄色のトンネルとなり、樹木園を訪れる人の目を楽しませてくれます。
昭和6年に植えられ、昭和43年に「北海道の美林」に指定されています。木の近くに立つと、甘い香りが漂うことに気づきます。
  • カツラ
春の新芽は赤く、秋には黄葉となる。語源は材に甘い香りがすることから、「香出ら(かづら)」と呼ばれたことに由来するという説などがあります。

このページの情報に関するお問い合わせ先

真狩村役場 総務企画課 商工観光係TEL:0136-45-3613FAX:0136-45-3162