No.3 田中良さん | 移住者の声 | 移住・定住ガイド | 北海道 真狩村 logo-horizontal logo-vertical

MAKKARI Rollmodel No.3田中良さん

過ごすうちに「真狩っていいな」が増えて、
他に住むことは考えませんでした。

インタビュー日:2020年2月8日
新潟県から移住し、平成26年~29年の3年間、真狩村地域おこし協力隊として活動、現在は豊川地区でスケートボードショップBigCatを営む元プロスノーボーダーの田中良さん。どのようなきっかけで真狩へ来たのか、そしてどうして真狩に定住すると決めたのか、お話を伺いました。
 

地域おこし協力隊に応募した理由や移住のきっかけを教えて頂けますか?

実は、地域おこし協力隊に応募する前に真狩村へ来ていたんです。冬にスノーボードをしようとニセコへ遊びに来たのですが、夏もこちらにいることになり、知り合いの紹介で真狩の農家さんで働きはじめました。その頃はスノーボードの選手を引退して、先の人生を考えていたところで、「羊蹄山自然公園真狩キャンプ場の受付を募集しているよ」と教えてもらい、役場へ話を聞きに行くことに。いざ内容を聞くと地域おこし協力隊(以下、協力隊)の募集で!そこからはトントンと話が進み、協力隊となって住民票を移し、真狩の住民になりました。
イメージ

田中さんが営む「スケートボードショップBigcat」

田中さん

協力隊の期間はどんな活動をしていたか教えてください。

先に聞いたキャンプ場の受付は、羊蹄山自然公園の活性化をメインとして活動する協力隊のことで、僕はそこに着任しました。山も自然も好きなので、うってつけの環境でした。
イメージ

冬山で遊ぶイベントを開催

イメージ

ミニランプ作成中の様子(現在は設置しておりません)

本当にいいところなので、広めたいと思って羊蹄山自然公園のFacebookやTwitterを始めてみたり、公園内にスケートボードのミニランプを作ったり。「キャンプフェス」というイベントを開催したりと、やりたいことをやらせてもらいました。3年間はあっという間で、今になってもっとこうしておけば…と思いついたりもしますが、地域のイベントに参加する機会も多く充実した時間でした。

現在のお仕事は?

前から起業したい気持ちがあって。起業するには、地域とつながりを持ってからの方がいいと思い、それが協力隊に応募を決めた理由でもありました。
協力隊卒業後に村の創業支援事業補助金も活用しながら豊川地区でスケートボードショップをオープンしました。今は、自作のミニランプの利用者がメインですが、スケートボードがオリンピック競技に選ばれたり、コロナ禍でアウトドアなスポーツが流行っているので、徐々に一般的なスポーツになりつつあり、子ども向けのスクールなども予定しています。
イメージ

田中良さん

お店のお客さんはどのような方が来られるのですか?

イメージ

ご自身もスケートボードを楽しむ

ヒラフやルスツから来る方が多いです。まっかり温泉や村内のご飯屋さんに寄ってきたという方もいて、真狩ファンが増えているかもと思っています。
まだまだ認知度が低いので、真狩に遊べるところがある!と多くの人に知ってもらうのが今後の課題です。
試行錯誤を重ねた自作のミニランプ

ズバリ!定住の決め手となったことはなんですか?

決め手…うーん…難しいですね(笑)最初から真狩の印象が良くていいなと思っていたので、協力隊になって過ごしているうちに「いいな」が増えていって…自然とそのまま、当たり前に住み続けるんだと。他の地域に住むのは考えていなかったですね。
イメージ

真狩について楽しそうに話してくれます

真狩村の最初の印象と今の印象、住んでみて変わったことはありますか?

イメージ

農作業も慣れた様子

僕は新潟の米どころの出身で、田んぼに囲まれて育ちましたが、こっちにきて畑の大きさに驚きました。羊蹄山の真横で農業をするロケーションも最高ですね。働いていた農家さんでの休憩時間もワイワイ楽しくて。その印象は変わらないです。最近は、いろいろな人と知り合うにつれて、地域の人たちが地域のことを熱く考えているなと思いました。集まりがあれば地域のことを話していて、一体となって考えているように思います。この雰囲気は地元にはなかったので、真狩の人は真狩が好きなんだなと感じています。

田中さんが思う真狩村の魅力を教えてください。

山が近い! 野菜が美味しい!水が美味しい!
あとは、ヒラフ、ルスツなどのリゾートに近いのも魅力だと思います。
いい意味で田舎くさい感じもいいです。
イメージ

協力隊仲間と村内のお店巡り

移住を検討する方へメッセージをお願いします。

小さい村ですが、きれいな水と食材が豊富なのでカフェやレストラン、食堂など美味しいお店が多く、楽しみがあります!
道路の除雪は行き届いているので心配はありませんが、正直、家のまわりの除雪は大変です(笑)
自作のミニランプと田中さん

このページの情報に関するお問い合わせ先

真狩村役場 企画情報課 企画情報係TEL:0136-45-3613FAX:0136-45-3162