新型コロナウイルス関連情報 | 緊急情報 | 北海道 真狩村 logo-horizontal logo-vertical

新型コロナウイルス関連情報

新型コロナ関連情報

新型コロナウイルス対策情報 新着・更新情報

3月26日更新
3月9日更新
3月1日更新
2月16日更新
1月13日更新
12月25日更新
12月11日更新
11月30日更新
11月27日更新
11月9日更新
10月29日更新
10月20日更新
10月8日更新
9月16日更新
8月5日更新
7月29日更新
6月22日更新
6月19日更新
6月18日更新
6月1日更新
5月26日更新
5月25日更新
5月18日更新
5月15日更新
5月14日更新
5月13日更新
5月8日更新
北海道知事より道民の皆様向け『緊急メッセージ』第2弾を掲載しました。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための緊急事態措置(令和2年5月6日改訂版 )について更新しました。

5月7日更新
村有施設運営状況を更新しました。

5月1日更新
村有施設運営状況を更新しました。(休業期間が延長になりました)
北海道知事より道民の皆様向け『「ゴールデン ウィーク 」緊急メッセージ』を掲載しました。

村内の新型コロナウイルス感染症の発生状況

(3月26日現在)北海道が公表している陽性者について、居住地を真狩村として公表している人数は1人となっています。
新型コロナウイルス感染症の発生状況は、北海道(道立保健所)が取りまとめを行い、公表しています。
詳しくは、北海道ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に罹患された方や、そのご家族や職場の同僚の方々に対して、不当な偏見や誹ぼう・中傷がないよう冷静で思いやりをもった行動をお願いします。また、引き続き、感染リスクを回避する行動の徹底をお願いします。

緊急事態宣言の発出について

首都圏の1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)を対象に1月8日から2月7日までの期間、緊急事態宣言が発出されました。
(1月14日追加)緊急事態宣言対象地域が既に発令中の東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に栃木県、大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、岐阜県及び福岡県が加えられ11都府県となり、期間は同じく2月7日までとなっています。
(2月3日追加)
緊急事態宣言が3月7日まで延長されました。対象となる区域は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県の10都府県です。(栃木県は2月7日をもって解除となります。)
(3月1日追加)
大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡の6府県は1日、解除されました。

対象地域との不要不急の往来、感染リスクを回避できない場合は札幌市との不要不急の往来を控えていただくとともに、改めてマスクの着用、手洗い、消毒、三密を避けるなど感染防止対策を徹底していただくようお願いします。
■感染リスクを回避できない場合
  ・不要不急の外出を控える
  ・市外との不要不急の往来を控える
■感染リスクを回避する行動の徹底
  ・自宅を含む飲食の場面においては、5人以上や2時間を超える長時間の飲食を控える(同居者のみの場合を除く)
  ・「新北海道スタイル」の実践を宣言していない店舗や施設の利用を控える
  ・重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患を有する方等)と接する方及び重症化リスクの高い方においては、
  マスクの着用、手洗いなど感染リスクを回避する行動を更に徹底する
  ・国の接触確認アプリ(COCOA)や道のコロナ通知システムを徹底して活用する
■営業時間短縮等の要請に呼応した行動変容の要請

道の駅真狩フラワーセンター従業員の新型コロナウイルス感染事案の発生について

【概要】
・1月9日に道の駅真狩フラワーセンターの従業員が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。
・従業員は1月7日に勤務しておりましたが、来店者で濃厚接触者はおりませんでした。
 また、従業員の中で濃厚接触者となった者は、すでにPCR検査の結果陰性が確認されています。

【対応】
・真狩フラワーセンターでは、感染予防対策のため1月10日(土曜日)から1月14日(木曜日)までを休館とし、1月13日(水曜日)に館内の消毒を行いました。
・1月15日(金曜日)からは通常営業いたします。

【その他】
・患者、その他家族や関係者の人権侵害につながるような行動をとることの無いよう、冷静に思いやりのある行動をお願いいたします。
・今後とも従業員には感染予防を徹底し、日頃からの健康管理に努め、利用者の皆様に不安を与えることの無いよう努めてまいります。

北海道からのメッセージ

集中対策期間終了後の感染防止行動について

道内の新型コロナウイルス感染状況は、新規感染者数や入院患者数の改善傾向が進んでいますが、3月以降の就職・転勤、卒業・進学等に伴う人の移動や会食機会の増加による感染リスクが高まる時期に備えるため、引き続き、手洗いとマスクの着用など、基本的な感染対策を徹底してください。

また、緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来を控えるほか飲食の際には、短時間で4人までとし、大声を出さないなど、感染の再拡大防止に向けた行動の実践・徹底について、皆様のご協力をお願いします。

北海道後志総合振興局長と後志町村会長より共同メッセージ

集中対策期間の延長について

道内の感染状況については、新規感染者数は減少しているものの、全国的には緊急事態宣言の発令が継続する中、本道の中心都市である札幌市の感染者数は、依然、緊急事態宣言下の政令指定都市と比較し高い水準にあります。
 今後、3月以降の就職・転勤や卒業・進学に伴う人の移動や会食機会の増加による感染の拡大に備えるとともに、全道的にワクチン接種を控える中、安心して接種を受けられる環境をつくるためにも、もう一段感染者数を引き下げ、医療提供体制への負荷を更に軽減しておく必要があることから、今般、緊急事態が発令されている間、集中対策期間を延長することといたしました。

○集中対策期間    国内で緊急事態宣言が発令されている間
○地域を限定した要請 2月16日~28日 札幌市内全域の飲食店等への時短要請

【引き続きの要請】
■緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来を控える
■感染リスクを回避できない場合、札幌市・小樽市との不要不急の往来を控える
■できるだけ同居していない方との飲食は控えてください
改めてマスクの着用、手洗い、消毒、三密を避けるなど感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

年末年始における発熱等の症状がある方の受診方法について

年末年始における発熱等の症状が現れた方は、かかりつけ医又は北海道新型コロナウイルス健康相談センターへお問い合わせください。

静かな年末年始に向けた共同メッセージ

12月24日に開催された「北海道新型コロナウイルス感染症対策本部第30回本部会議」において、「より強い協力要請」がありましたのでお知らせします。

警戒ステージの引き上げ(レベル2からレベル3)について

北海道における新型コロナウイルス感染症は、集団感染が数多く発生するなど感染者がさらに増加している状況であり、警戒ステージがレベル3へ引き上げられました。さらなる感染拡大を防止するため集中対策期間〈11月7日から11月27日〉のご協力をお願いします。

警戒ステージの引き上げについて

北海道の新型コロナウイルス感染症への警戒ステージがレベル2へ移行し、感染拡大を抑え込むため10月28日から11月10日まで集中対策期間と決定されました。
この2週間、さらなる感染予防に努めてください。

新型コロナウイルス感染症に係る普及啓発について

新型コロナウイルス感染症についてご理解いただけるよう、この感染症に関する基礎的な知識や予防方法などに関して、分かりやすく解説した資料を作成しました。是非ご覧いただき、感染防止の参考にしていただければと思います。また、セミナーや研修会など、様々な場面でご活用ください。
※新型コロナウイルス感染症は、今後の新たな知見等により対策等が変更となる場合があり、これに伴い、本資料も随時見直しを行う予定ですので、研修等で使用される場合には、最新の資料をご活用ください。

「新北海道スタイル」の実践の徹底について

10月に入り、新型コロナウイルス感染症が増えてきています。
今一度、手洗い・消毒やマスクの着用、密集・密接を避け距離をとる、密閉しないよう換気するなど一人一人の対策を心がけ、感染予防に努めましょう。
また、繁華街での会食の場・飲食を伴う懇親会には特に注意が必要です。
日頃から体温測定など健康チェックを心がけ、体調が悪い時は無理をせず休養しましょう。
感染が心配な方は、北海道の相談窓口:0800-222-0018番へ電話してください。

北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センターの開設について

北海道では、新型コロナウイルスに感染した疑いのある方を診療体制の整った医療機関に確実につなぐための
「帰国者・接触者相談センター」と、「感染症に関する一般相談」の電話番号を全道で統一し、
新たに「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」を開設しました。
0800-222-0018(フリーコール)※24時間相談窓口
今後はこちらへご相談ください。

新北海道スタイル集中対策期間の設定について

「新北海道スタイル」等の普及及び定着に関する取組について、次のとおり集中対策期間を設定して実施することとしましたのでお知らせいたします。
全国的に感染が再拡大していることを踏まえ、「新北海道スタイル」等の実践を通じた感染リスク低減と社会経済活動の両立にご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

イベント主催者及びイベントを開催する施設の管理者へのお願い

イベントの開催に当たっては、下記の事項にご留意をお願いしますとともに、感染拡大防止の取組について、参加者の協力が得られますよう、参加者への事前周知を行っていただきますようお願いします。

6月以降の段階的緩和等について

「新北海道スタイル」について

イメージ

北海道コロナ感染情報通知システムについて

本システムは、不特定多数の方が利用する施設やイベント等において、新型コロナウイルスが拡大することを防止することを目的としています。
  施設利用やイベント参加の際、QRコードからEメールアドレスをご登録いただくと、同じ日、同じ施設を利用した方の中から新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、北海道からEメールでお知らせします。
  本システムでは、感染者が同じ施設を利用していた可能性が高いものの、どの程度の接触があったかはわかりませんので、ご利用者に感染の疑いがあるとは限りません。
 まずは、体調管理に十分に注意し、検温の実施、手洗いの励行、マスク着用などを行っていただき、体調に不安のある方は、道庁の相談センターにご相談願います。
 詳細は、下記リンクをご覧ください。

道民の皆様向け『緊急メッセージ』第3弾

5月15日、北海道知事、札幌市長、北海道市長会長、北海道町村会長の連名で今週末の行動について
メッセージが出されました。
札幌市では新規感染者の発生が続いており、感染を抑え込むための正念場の時期です。
そこで、
「札幌市民の方は、とにかく家にいる」
「道民の皆さんは、札幌に行かない」
「都道府県間の行き来をしない」

という3つのメッセージが引き続き出されました。
一人ひとりができる、最大限のご協力をお願いします。

道民の皆様向け『緊急メッセージ』第2弾

イメージ
札幌市では、緊急事態宣言後も感染の拡大が続いており、日本で最も厳しい
とも言える状況にあります 。
今、取組を徹底しなければ、札幌市から全道に感染が広がり、まん延してし
まう恐れがあります。そうなれば、皆さんにとって必要な医療が受けられなく
なります。
こうした事態を避けるため、医療従事者の方々は、日夜、懸命に闘っていま
す。
札幌市民の皆さん、道民の皆さんが心を一つにして、今週末は特に、「いま
できること」をしてください。
そして、「3つの密」を徹底的に避け、感染を予防する「新しい生活様式」に
取り組みましょう。

1.札幌市の皆さんは、とにかく家にいる!
2.道民の皆さんは、札幌に行かない!!
3.道内外の皆さんは、都道府県間の行き来はしない!!

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための緊急事態措置
(令和2年5月6日改訂版 )について

道では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための緊急事態措置として、別添のとおり特定の施設等に対する休業要請や協力依頼を行ってきたところですが、この度、政府が緊急事態宣言の期間を延長したこと等を受け、道の緊急事態措置についても5月31日まで延長して実施することとしました。
今後、5月14日を目処に国の専門家による感染状況の評価が地域ごとに行われることとされており、道としても、こうした評価に加え、必要な分析を行った上で、新規患者の発生など、感染が一定範囲に抑えられ、医療提供体制がひっ迫している状況が解消された場合には、見直しを検討していくこととしています。
道民の皆様や対象となる事業者の皆様におかれましては、更なる感染拡大が懸念されることや北海道の医療提供体制の危機的な状況にあることを御理解いただき、引き続き最大限の御協力をいただきますようお願い申し上げます。

道民の皆様向け『「ゴールデン ウィーク 」緊急メッセージ』

イメージ
【新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための取組について】
道では、外出自粛の要請をはじめ様々な感染拡大防止に向けた取組を行っているところですが、道内の感染状況は非常に厳しい状況が続いており、とりわけ札幌市では感染の広がりが収まっておらず、このままでは医療体制の維持が厳しいものと認識しています。
こうしたことを踏まえ、今般、札幌市、北海道市長会及び北海道町村会とともに、『「ゴールデンウィーク 」緊急メッセージ』及び『医療機関の皆様への緊急メッセージ』を共同で発表し、ゴールデンウィーク期間中における不要不急の外出自粛の徹底等について、道民の皆様へ強くお願いすることといたしました。
また、現在、特定の施設等に対する休業要請や協力依頼を行っているところですが、 新型コロナウイルスの感染拡大防止のための取組を徹底するため、関係する事業者の皆様には、「休業要請」の趣旨を御理解いただき対応いただきますよう、改めてお願い申し上げます。
道民の皆様や休業要請等の対象となる事業者の皆様方には、ご負担をおかけすることとなりますが、感染拡大防止のため、御理解と御協力をお願いいたします。

緊急事態宣言について北海道からメッセージが発信されました。

国の緊急事態宣言の対象区域が全都道府県となったことに伴い、北海道からメッセージが発信されました。

倶知安厚生病院での新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

倶知安厚生病院において入院中の患者複数名に新型コロナウイルス感染症が確認されたと発表がありました。倶知安厚生病院ホームページに今後の診療体制について、逐次情報が更新されております。うわさやデマなどに惑わされることなく正しい情報に基づき、行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症に罹患された方や医療に従事されている方、そのご家族や職場の同僚の方々に対して、不当な偏見や誹ぼう・中傷がないよう冷静で思いやりをもった行動をお願いします。また、引き続き、感染リスクを回避する行動の徹底をお願いします。

羊蹄山麓7町村の町村長からメッセージが発信されました。

特別定額給付金事業の実施予定について

 令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。
 現在、真狩村において給付に向けた準備を進めております。詳細が決まり次第、村ホームページや防災無線でお知らせいたします。ご理解とご協力をお願いします。
 ※8月17日で終了しました。

真狩村中小・小規模事業者等緊急経営支援給付金

村では新型コロナウイルス感染症の流行に伴う影響によって生じる業績悪化を緩和するため、対象事業者等に給付金を支給いたします。

特別定額給付金の給付を装った特殊詐欺に注意!

イメージ
○ 特別定額給付金に関して、市区町村や総務省等がATMの操作をお願いすることはありません。
○ 市区町村や総務省等が、特別定額給付金の給付のため、手数料の振込みを求めることはありません。
○ 特別定額給付金については、現在、申請手続を含め、給付手続は始まっていません。
○ 現時点で、市区町村や総務省等が、特別定額給付金の給付のために、住民の世帯構成や生年月日、銀行の口座番号等を、電話や郵便、メールで問合せをすることはありません。
○ 特別定額給付金の給付等をかたった不審な電話等があった場合には、最寄りの警察署や市区町村等へ連絡してください。
○ 具体的な給付の方法が決まり次第、市区町村や総務省等から広報がなされる予定です。

遠距離学生緊急生活支援給付金について

新型コロナウイルス感染症拡大によるアルバイト収入の減少、学校等の授業開始先送りや臨時休校等による予期せぬ帰省経費の発生、リモート講義対応のための機材準備に要する経費の発生など、収入の減少や支出の増加が発生していることから、親元を離れての生活に要する費用の一部を給付する、遠距離学生緊急生活支援給付金を実施します。

生活を支えるための支援(厚生労働省)

新型コロナウイルス感染症に関する総合相談窓口

 真狩村新型インフルエンザ等対策本部
 住民課:電話 0136-45-3612

新型インフルエンザ等対策特別措置法による緊急事態宣言が発出されたことに伴い、真狩村新型インフルエンザ等対策本部条例に基づく、対策本部を4月8日に設置し、村民等からの相談や適切な情報提供等の感染予防対策を行ってまいります。

村内施設運営状況

【子育て支援センター】
 当面の間、村外の方のご利用はご遠慮ください。
 

※北海道における緊急事態措置による休業要請が発出された場合は、それに準じます。
 ご利用を予定されていた皆さまには申し訳ございませんが、感染拡大防止のためご理解の
 ほどよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報

新型コロナウイルス感染症による対応支援情報

首相官邸特設サイト

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) について

厚生労働省では、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application を配信しています。本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるアプリです。
自分をまもり、大切な人をまもり、地域と社会をまもるために、接触確認アプリのインストールをお願いします。

北海道からの支援策

今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主や労働者の方向けの、相談窓口や各種支援措置をお知らせしています。

その他の情報

このページの情報に関するお問い合わせ先

真狩村役場TEL:0136-45-2121FAX:0136-45-3162